豊田点字ブロック

¥ 10,000 SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する

年月日:2019.01
サイズ:- mm
素材:-
場所:豊田、愛知
発見者:山下陽光

date:01.2019
size:- mm
material:-
place:Aichi
discoverer: Hikaru Yamashita


豊田点字ブロック

2018年に愛知県豊田市でナデガタインスタントパーティーが主催するリキャスティングクラブにゲストで呼んで頂いた帰り道に点字ブロックが破損していた。それを持ち帰り出品し、売り上げのお金で目が見えない人の為になる事に使えないか?と考えた。
点字ブロックを修理するお金としても良いけれど、点字ブロックが綺麗になってるのは視覚障害者ではなく、目が見えているからだと思うと、綺麗になる事よりも、点字の絵本を図書館に寄贈する方がいいのではないかと思い、売り上げで小学館が発行している「テルミ」という視覚障害者が指で触って遊べる絵本 「隔月刊誌を400円×6回(2600円)」を販売金額が1万円だったので4年間寄贈することにした。
新しい骨董のサイトに点字ブロックの破片を1万円でアップしたところすぐに売れた。

豊田市で拾ったので豊田市中央図書館に寄贈することにしたんですが
なんと豊田市中央図書館は寄贈を受け付けていないとのことだったので、ナデガタインスタントパーティー経由で豊田市に連絡をしてもらい点字の本を寄贈したいことを伝えてもらったところ、どうぞよろしくお願いしますということになり、テルミ編集部に電話をして、振込用紙を送ってもらい、豊田市中央図書館に寄贈する手続きを済ませました。
今回下道氏と名古屋で新しい骨董トークをやった翌日に、豊田市でナデガタインスタントパーティーが続編の祭り展示をやっているとのことで、図書館にも行って寄贈された点字の本があるかを確認に行ってみた。
図書館について、点字担当の司書さんに点字の絵本コーナーを教えてもらいテルミを探すけれど、見つからず、聞いてみると、「只今2冊あるんですけれど、、、まだお出しできておらず、、」と、骨董よ、新しい骨董よ、伊達直人がすぎるるよ!
無記名で突然寄贈先に送っても???状態で出していいのかの判断も出来ずに出しかねていたとのことで、私がタイガーマスクですのテンションを抑えながら、寄贈させて頂いてる者ですと言うとなるほどテンションで書庫にショコショコっと飛んでいってテルミを見せてくれた。名物コーナーの、めいろや恐竜などが発砲プリントされていて凹凸を楽しめる仕上がりになっておりました。
豊田市中央図書館で閲覧できます。
今回も豊田市の高架下横の道の点字ブロックがバキバキに破損してる所を通ったら沢山の収穫がありました。今回販売して購入して頂いた方のお住いの図書館にテルミを4年間寄贈予定です。新春にいかがですか?


山下陽光