ふた

¥ 350 SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

再入荷についてお問い合わせをする
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

年月日:2016.9.24
サイズ:10.2×1.5cm
素材:プラスチック
場所:愛知県
発見者:下道基行

"A Cover"
date: 24.6.2016
size: 10.5×1.5cm
material:plastic
place:Aichi
discoverer:Motoyuki Shitamichi


食べ終わったハーゲンダッツの蓋。
しかし、ティーポットの蓋。


【物語】
日々、蓋のないティーポットに、義母は色々なもので蓋をしている。
それに気がついて以来、この日常の食卓の風景をこっそりと撮影して3年が経った。先日、ようやく写真展を開く事になり、義母に「ごめんなさい!こっそり撮影していました!でも、これは美しいしとても素敵な風景写真なので是非展覧会で発表させて欲しい!」と写真を見せてカミングアウトし驚かせた。
(写真にしてもドキュメントにしても人類学にしても、被写体の無意識を形にして発表してしまう訳だから、被写体に様々な変化を与えてしまうことを覚悟し、それでもノンフィクションを志す者は様々な罪を背負って被写体に向き合わないといけない。)
展示発表して以来、義母は蓋を意識するようになったように思う。たかが蓋という現象ではあるが、少し悲しい気持ちとともに、撮影を辞めていた。しかし、いつかまた撮影を再開するのを待っていたが、最近1ヶ月ほど、義母はこのハーゲンダッツを蓋として気に入っている様子で定番化し始めていた。『これは「新しい骨董」として売るべきかもしれない!』と思いたち出品する。(もちろん、義母には「この蓋が気に入ったからもらえないか?」と交渉し許可を得た。)
奪ってしまった場所に今度はどんな蓋が生まれるのか。。。罪の意識とともに、何かを奪うという制作がここに行なわれたのか。。
(下道)

シリーズ「ははのふた」下道基行
http://m-shitamichi.com/hahahuta