新しい骨董ボトルキープ

¥ 350

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

年月日:2016.8
サイズ:4.9×4.9×0.3cm
素材:木、金属
場所:ー
制作者:新しい骨董


date: 8.2016
size:4.9×4.9×0.3cm
material:wood
place:-
discoverer:New Antique


::::::::::::::::::

【新しい骨董】の名前でボトルキープをはじめました。
「新しい骨董」と言えば、誰でもそのボトルを呑めます。
さらに、誰でも「新しい骨董」の名前でボトルをキープできます。(呑まれますが)
もし、ボトルを飲み干したら新しいボトルを入れておいていください。

::::::::::::::::::

この商品は、市販のボトルキープタグに、新しい骨董がすでにサインを書いた物で、量産型オリジナルグッズ?であり、新しい骨董ボトルキープ会員書みたいなもの。
この木製のタグを350円で買い、どこかでボトルキープをされた方には、シルバーのタグ(非売品)を送ります。さらに→3本→ゴールド(非売品)→5本→?と会員ランクが上がります。(赤字覚悟!)
ネームタグはキーホルダーにしてバッグに付けても良いし、車のミラーの所に付けてもお洒落。


【物語】
岡山の高校生の時、「甲本ヒロトのボトルキープがあるバー」にこっそり行ってみたことがある。
上京した時「松田優作のボトルキープが残る店」下北沢のJAZZ BAR 「LADY JANE」いつか行ってみたいと思っていた。
ボトルキープはお客と店を繋いでおくものだけど。個人の手を離れ眺められるボトルキープは、小さな記念碑のようだ。
「この店、今でも、新しい骨董のボトルキープあるらしいぜ、しかも呑めるらしいぜ」
そんな未来に先回りして骨董を作ってみる新しい骨董、今回はボトルキープを行ないます。

新しい骨董と書かれたボトルキープはソフトなモニュメントだ。
名前が書かれた塔。中身は変化し続ける。
行なわれたアクションは様々な人によって繋がれていく。
いく?
いってほしいな!
いや、みんなと呑みたいだけ?

いや、ボトルレターの一種か?

津波の石碑が忘れられていた。
石碑やモニュメントには墓守的な存在が絶対に必要で、そういうソフトによって語り継がれないと、いくら硬い素材に言葉を刻んでも意味はない。口碑こそ、最も危うく、最も最強のモニュメントかもしれない。

新しい骨董ボトルキープは消えていく?
残していくのは簡単ではない?
でも、良い店にボトル入れますので、おすすめの料理とかも一緒に紹介し行きますので、楽しんでもらえたら。そして、子どもの頃みたく、友人たちと石ころ蹴飛ばしながら家まで歩くみたいに、パスして遊んでもらえたら。
メンバーじゃない人が「新しい骨董」でボトルキープしてくれて、写真をアップしてくれたら特製の会員書ボトルキーパーを送ります。是非!(損してばっかだな、新しい骨董!)

芸術祭に参加して、この街の中で「新しい骨董」という名前で増殖しいろいろな人に受け継がれるボトルキープ自体を作品にしてみようと考えた。でも、枠内に入れず、勝手にやった方が楽しい。 モニュメンタルなパブリックアートが芸術祭の後に残される問題がある。石碑みたいなのを立てたが語る人がいなくなったり。緩やかに町中に作品が残り、継続されていく可能性を帯びているという作品をボトルキープとして提示する。

(下道)


【現在のボトルキープリスト】
●埼玉
浦和駅周辺
「ねぎ」
「五代力」
「ひとりあじ」
●東京
谷中
「紫穂」
「よりみち」
●愛知
名古屋
「美濃路/梅森店」
●大阪
山田駅
『凡庫ぼんくら』